人気ブログランキング |

2019年 06月 17日 ( 1 )

サザンロックは基本聞いてこなかったです。そのジャンルで唯一好きなのがレーナードスキナード。それももとをただせばロードウォーリアーズのテーマ曲だったから(笑)それから聞くようになったけど、泥臭くてでもかっこよくて。

なのでその他は特に興味を持ったことがなかったんです。

 

そこでデレク・トラックス好きな相方から行かない?と言われて足を運んだのがテデスキトラックス バンド。

それぞれ別々に活動していた2人が結婚して、それが機会だったのかわからないけど、バンドを組んだらしい。

スーザンテデスキがギター&ボーカルで、トラックスがギター。

事前にCDを聞いたけど、トラックスのギターがすごいのもあるが、テデスキのボーカルがジャニスのような大迫力!w(゚o゚)w

 

で、足をはこんだのが。東京ドームシティホール。初めてです。

いや〜でもビックリ!のっけからノリノリ!ロック&ブルースなノリなので、曲なんて知らなくてものれちゃう。途中、どカントリーなのはあまりいただけなかったけど、全体的に迫力ありありでした。それぞれのパートのソロも十二分に聴けたし。まああまりいらんだろうソロもなかったとは言えないのだけどね〜σ(^◇^;)

行った日がイチバンよかったらしい。東京の前の名古屋公演ではアンコールまで立ち上がらなかったそうだし、バンドもそれじゃあのらないよね。

全日演奏リストを変えたそうだからすごいですよね〜。普通1〜2曲だもの。大ファンは全日行っちゃうでしょ〜。

 

相方も大満足でした。彼の好きなオールマンブラザースの曲も演ったし。唯一の不満がデレクはスーザンが大好きって感じで(笑)、ず〜〜〜っとテデスキの方ばかりを演奏していて、客席に横顔しかみせなかったことらしい。でもたしかにうちはほぼ中央の席だったから横顔だけど、もっと左側の席の人は背中しか見えてなかっただろうですからね。まっそれも特徴ってことで。

見つめてるの図やじるし

 

f0038336_08121110.jpeg


by shigekumablog | 2019-06-17 08:11 | 音楽